私もできる?金具のない入れ歯部分入れ歯スマイルデンチャー適応症例

スマイルデンチャーは部分入れ歯として使用するのがもっとも適しています。金属を使わないのがスマイルデンチャーの特徴ではありますが、症例によっては部分的に金属を使用した方が良い場合もあります。そのあたりの詳細は医師とよくご相談の上でお決めください。

少数歯欠損

骨隆起

◆1〜2本だけを入れ歯にしたい方

このように1本〜2本といった少数の歯を治すのが、スマイルデンチャーにとっては一番効果的です。

◆出っ張って入れ歯があたる・骨隆起

赤い印の部分が、出っ張っていて入れ歯が当たると痛いので、隆起にあわせて膨らみを付けます。

金属レスト

金属床

◆より噛む力を付けたい方

金属を使わないスマイルデンチャーですが、使いたいケースにはちゃんと対応できます。不安定な部分やより強く噛みたい場合には金属レストをつけて補強することができます。

◆金属床との併用

スマイルデンチャーには姉妹品として「Cプラス」や「Tiプラス」といった金属床との組み合わせもあります。外側からはあまり金属が見えないのがスマイルデンチャーの良いところです。

遊離端,両側処理

一顎2床

◆両方の奥歯を入れ歯治療したい

両方の治療部位をつなげた形で、よく見かけるタイプかもしれません。

◆小さな入れ歯二つに分けたケース

左右の奥歯を二つに分けたものです。より軽く、小さくできます。

噛み込みが強い 禁忌症例

◆噛みあわせが強い方のケース

下の歯が前歯のずっと根元付近で噛みあわせしている場合、難しいですがこのように作ることは可能です。

◆ほぼ総入れ歯の場合

写真のケースは1本だけ歯が残っている患者様のケースですが、これではスマイルデンチャーの利点がほとんど無く、保険の入れ歯と大差ありません。

金具のない入れ歯スマイルデンチャーは様々なケースの欠損に対応できます

歯は下図のように名前がありますので、説明が難しい場合はご参考にして下さい。

歯の名称

○左下、第二小臼歯と第一大臼歯の欠損

第二小臼歯と第一大臼歯の欠損

○右上、前歯2本欠損症例も審美性を重視しますので、最適の症例

前歯2本欠損症例

○片側遊離端義歯も適用できます。

片側遊離端義歯

○上左、6・5 2・1 右1・2 5・6が欠損しているような症例にも適用できます。

上左、6・5 2・1 右1・2 5・6が欠損

金具のない入れ歯スマイルデンチャーはこんな方に最適です

  • 保険義歯(入れ歯)の金属部分が目立つことや、唇や舌への違和感が気になる方
  • 欠損している部位の左右の健康な歯を削る、差し歯のブリッジや従来の入れ歯が嫌な方
  • インプラントによる修復が困難な方(手術が怖い、十分な骨量がない)
  • 費用・金額をもっと抑えたい方
  • 金属アレルギーの方

若い女性から男性まで老若男女問わず、スマイルデンチャーは幅広い年齢層の方々にご愛用頂いております。金具のない入れ歯スマイルデンチャーお取扱歯科医院につきましては、三和デンタル:コールセンターへお問合せください。

 

全国のお近くの歯科医院をご案内いたします。

 

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ
全国正規取扱い歯科紹介

入れ歯歯科紹介

目立たない審美入れ歯スマイルデンチャー正規取扱い歯科医院ご紹介致します。三和デンタルコールセンターへお問合せください。
(月曜から金曜・AM10:00〜PM18:00まで)

 

お問い合わせフォーム
偽物・類似品にご注意ください

金具のない入れ歯証明書

金具の無い入れ歯スマイルデンチャーは三和デンタルの登録商標で証明書が付きます。くれぐれも類似品にご注意ください。
(登録第5019387号)

携帯サイト

携帯サイト