FDA認可スーパーポリアミド│スマイルデンチャーの使用材料について

金具の無い入れ歯スマイルデンチャーはナイロン樹脂系のスーパーポリアミドが原材料です。

スマイルデンチャーの元となるスーパーポリアミドは、アメリカ食品医薬品局(FDA)から承認され、50年も前から欧米を中心とした世界30カ国以上で使用されている安全な素材です。アルミ筒で密閉され、真空パックされて1本ずつ管理番号が付けられています。

アルミ筒を開けてみると、中から透明なピンクの粒が出てきます。

これがスーパーポリアミド樹脂。このキレイな粒からスマイルデンチャーが作られています。

以下の表はスーパーポリアミドとアクリルレジン(*)を比較したものです。

 

スマイルデンチャー材料スーパーポリアミド

*アクリルレジンとは、主にメタクリル酸エステル類の重合体のことで、歯科材料として使用されています。

物理的特長

スーパポリアミド

アクリルレジン

吸水性(24H)

0.4%

0.4%

ヤング率

150-180

280

張力

8

5-7

圧縮強さ

10.5

8.6

曲げ強さ

8-10

8.5

衝撃強さ

120-150

10.5

燃性

不燃性

可燃性

軽くて強い。ちゃんと噛める│保険入れ歯の2分の1の軽さ

スマイルデンチャーは従来の保険入れ歯(部分入れ歯)の約2分の1の軽さです。耐衝撃性は15倍。落としても割れません。

 

金属のクラスプが無いので食べ物が挟まることが少ないです。

金属クラスプのようにほっぺた側へと飛び出してほっぺたの動きを邪魔するような不快感がありません。

また柔らかいので、歯肉をマッサージする効果もあるようです

わずか1.2-1.5mm。目立たないから綺麗!審美入れ歯スマイルデンチャー

スマイルデンチャーはピンク系を使用しますが、床そのものが薄くできる為、ピンク色でも透き通り、歯肉の粘膜面との調和が取れとても自然です。スマイルデンチャーは薄く、歯肉から床への移行部分が自然なため、一目では入れ歯であると区別がつきにくいのが特徴です。床辺縁でおおよそ1.2mm-1.5mmです。

スマイルデンチャーの厚みを測定

 

 

床部分が透明色だと白く濁ってしまったり、光に反射して目立ってしまいます。

ピンク色でも透き通り、歯肉の粘膜面との調和が取れとても自然なスマイルデンチャーです。

歯科用研磨剤

研磨や切削などに使われるビッグポリッシングポイント(シリコンポイント)は日本の東洋製が使用されています(写真中央ケースと左下)

 

研磨剤は(SOKENの名前が入っているもの)日本国内でも歯科技工士に人気の製品です(写真左上・茶色の研磨剤)

 

白い研磨剤(写真右上)は日本の山八が製造しているタイガーマルチという歯科用研磨剤です。とてもきめ細かく美しく仕上がります

スマイルデンチャー研磨剤

金具のない入れ歯部分入れ歯│スマイルデンチャーの作成方法

日本国内にて配列、試適、設計いたしました模型を中国に送ります。このとき歯科医院様から株式会社三和デンタルに対して、「輸入代行依頼」を専用書類として頂戴致します。三和デンタルでは、中国に日本の有資格歯科技工士が常時指導にあたる体制にしておりますので、製品の品質・安全に於いては万全の体制を整えているため、なんらご心配はありません。

 

スマイルデンチャーは中国で徹底した安全管理のもとで製作されておりますが、昨今の中国製品への不安を考慮し、日本国内でもスマイルデンチャーの完成品を分析しております。結果はすべて合格。安全性は実証されました。詳しくは「国内の検査結果」をご覧ください。

 

指示書

 

国内の検査結果(日本食品分析センター調べ)について

ドイツKaVo社製を中心とした設備を整えた働きやすい環境です

三和デンタルの中国側生産拠点である提携ラボは、北京にある大規模な歯科医院内にあります。医院もラボもどちらも院長先生が経営しており、医療と歯科技工が一体となって運営されています。設備もドイツKaVo社製を中心とした設備を整えた働きやすい環境です。

壁の間仕切りはガラスで区切られていて、開放感がありながら、クリーンな環境。

お掃除専門のスタッフを雇って一日中お掃除していますから、歯科技工所にありがちな室内の粉塵や汚染がまったく感じられません。

中国歯科技工最前線

 

北京の歯科技工士さんたちです。若い人が多いですが、みなさん自費診療専門のプロです。

日本から派遣された歯科技工士によって技術指導がされています。

中国の歯科技工所

山西省、太源の提携先である、歯科医院、歯科技工所。歯科技工所においては、歯科医院と併設の大規模な院内ラボです。

北京の歯科技工所と歯科技工士

北京・太源両医院・歯科技工所の経営者│牛オーナー

牛オーナー

オーナー:牛東平

1937年生まれ 山西万栄出身

1961年 北京医学院口腔専攻を卒業

1961〜1975年 中国人民解放軍第一軍医大学付属医院で軍医

1975年 山西運城に転業

1985年 山西運城地区の県、郷、村に歯周病防治網を設立。

世界衛生大会笹川衛生賞を獲得

 

1987年 山西運城地区口腔衛生学校設立。五一労働奨章を獲得

1988年 この年より世界衛生組織口腔衛生合作中心の主任を担当。

1989年 全国労働模範称号を獲得。この年より全国歯周病防治指導組成員

1992年 国務院から政府専門家手当を受ける。

1993〜2003年 第八、九届全国政協委員

1995年 山西歯科医院を設立

2002年 北京東手口腔診療所、北京聯袂義歯製作中心を設立。国際、国内で出版及び発表した論文は32篇に及ぶ。

WHO笹川健康賞受賞│口腔外科プログラムや歯科健康保険制度に貢献

北京・太源両医院・歯科技工所の経営者である牛オーナーは、世界各国の保健衛生分野で革新的な功績があった個人または団体に、賞金と記念像が贈られるWHOの「笹川健康賞」を1989年に受賞。 当時、牛先生は、山西省の口腔外科専門医のリーダーとして活躍していたとともに、WHOの共同事業のリーダーでした。

牛先生は、3段階の口腔外科の予防医学プログラムを省内に展開。この3段階プログラムで500名以上のスタッフ教育と250名以上の専門医師の教育を施しました。また、中国政府より220万ドル相当の予算を獲得し、学生向けの歯科健康保険制度を構築

牛先生は、WHOからの賞金を、山西省の人口50%以上をカバーできるよう、医療従事者向け教育とサービスに使う旨を表明しました。

ページの先頭へ
全国正規取扱い歯科紹介

入れ歯歯科紹介

目立たない審美入れ歯スマイルデンチャー正規取扱い歯科医院ご紹介致します。三和デンタルコールセンターへお問合せください。
(月曜から金曜・AM10:00〜PM18:00まで)

 

お問い合わせフォーム
偽物・類似品にご注意ください

金具のない入れ歯証明書

金具の無い入れ歯スマイルデンチャーは三和デンタルの登録商標で証明書が付きます。くれぐれも類似品にご注意ください。
(登録第5019387号)

携帯サイト

携帯サイト