スマイルデンチャー磁+│マグフィット│磁性アタッチメント│磁石式入れ歯

スマイルデンチャーに磁性アタッチメントをプラスしたスマイル磁プラスマグフィットは日本で研究・開発され、1992年より臨床応用され、現在約80万人が愛用する磁石式義歯固定装置です。従来の金属バネを使った入れ歯では、バネが緩む、変形する、また折れてしまうといったトラブルも多く、バネがかかっている歯に大きな負担をかけるという問題点がありました。そこで、マグフィットは金属バネの持つデメリットを克服し、強力な歯科用磁石を入れ歯に埋め込み、残っている歯に磁性ステンレスを取り付けて入れ歯を固定させ、より安定感を持たせました。

磁性アタッチメントをプラスしたスマイル磁プラス

 

スマイルデンチャーマグフィット磁プラス

欠損歯の症例(片側義歯)

磁プラス

7・6・5欠損症例で、4は歯根が残っています。審美性目的のため、どうしても片側義歯にしたいと言う症例を設定。

フィンガーをかけるべき歯牙が前歯部にあるため、有効なアンダーカットが少なく、維持に不安があります。これらを考慮して、3・2にフィンガー、4に根面板、そして磁性アタッチメント(マグフィット)を補助的な維持装置として完成させました。通常のスマイルデンチャーは、そのままでは磁性アタッチメントを接着させることができませんが、特殊可能により可能となります。

磁性アタッチメントスマイルデンチャー磁プラス

即重レジンを逃すための穴が空いています

歯1本から適応できる磁性アタッチメント│強力磁石マグフィット

【メリット】

  • マグフィットは装着、取り外しが簡単
  • 小さくて強力、入れ歯を気にすることなく食事や会話が楽しめる
  • シンプルな構造なのでお手入れが簡単
  • 針金状のバネがないため、見た目がスッキリしていて自然
  • 歯に無理な力がかからず長持ちする
  • 歯1本から適応できる

【デメリット】

  • 神経のある歯には使用できない
  • MRI(磁力を使った断層撮影装置)を使う場合に、取りはずす必要が生じる場合がある
  • マグフィットは心臓ペースメーカーの装着者には使用できない
マグフィット

米粒ほどの超小型歯科用磁石 最先端の歯科技工を、もっと手軽により身近に

マグフィット

 

  • 根面アタッチメント使用により、無理なく片側処理ができるケースが増えます。
  • 大臼歯に根があるケースならより維持を安定させられます。
  • 義歯側の根面アタッチメントは、チェアーサイドで付けられるように特殊加工してあります。
  • 少数歯欠損の維持装置としては大変効果的です.
  • 磁性構造体が入る位置には、十分なクリアランス(約8mm)が必要です。
    (根面板の最頂部から対合歯までの間隙=磁性構造体+人工歯(硬質レジン歯の高さ)
  • 吸引力:600/400gf 超小型歯科用磁石 サイズ:2.8/2.4mm サイズは米粒ほどです
  • 磁性金属(キーパー)高径:1.8/1.5mm製造元 愛知製鋼株式会社
ページの先頭へ
全国正規取扱い歯科紹介

入れ歯歯科紹介

目立たない審美入れ歯スマイルデンチャー正規取扱い歯科医院ご紹介致します。三和デンタルコールセンターへお問合せください。
(月曜から金曜・AM10:00〜PM18:00まで)

 

お問い合わせフォーム
偽物・類似品にご注意ください

金具のない入れ歯証明書

金具の無い入れ歯スマイルデンチャーは三和デンタルの登録商標で証明書が付きます。くれぐれも類似品にご注意ください。
(登録第5019387号)

携帯サイト

携帯サイト